プロミスで借りたいと思っている人は多い?

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

ですから、プロミスのカードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行のプロミスのカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやプロミスのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

プロミスのカードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融プロミスのサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のプロミスのカードローン申請の主流です。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内に限りプロミスのキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融プロミスは貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は消費者金融プロミスも法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも借りやすいと人気です。

一般的に消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高いと言われています。

参考:プロミス借りたらどうだった?【10万借りた口コミ】

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融プロミスの場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融プロミスのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融プロミスの場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラックというイメージが払拭されつつありますね。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融プロミス業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのプロミスのキャッシングなどがありますね。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近年は銀行でもプロミスのカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。