カジノを舞台にした映画で印象に残っているものは!

007ダイヤモンドは永遠には、ボンド役にショーンコネリーが復帰した作品であり、卒業作でもある作品で、ショーンコネリー復帰のために多額の出演料がセットされました。200万ポンドのダイヤモンドが密輸され、ダイヤモンドが闇市場でも出回っていないことから、ボンドが密輸の運び屋に変装し密輸シンジケートに潜入するところからストーリーは始まります。ボンドシリーズの特徴の豪華なセットや車、美しい女性が登場し、ストーリーが展開していきます。ジェームス・ボンド・シリーズとしては第7作目で、監督はゴールドフィンガーのガイ・ハミルトン、製作はハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリによってカジノを舞台に作成されました。1971年の映画世界興行成績でゴールドフィンガー以来、1位を記録しました。ゴールドフィンガーは、ボンドがカジノ・ロワイヤルでの勝負のときに同席していたデュポンと再会し、カードのいかさまを暴くことに協力するシーンが印象的です。