残業や夜勤なしの職場へ看護師が転職するのが多い?

看護師の不足は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。
その原因として代表的なものは、看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。
最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師一人にかかる仕事量が増加し、勤務時間も長くなってしまい、休みも簡単には取れません。
あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、看護師を退職する人も珍しくありません。
どうしてナースは動いている時間が長いのでしょうか。
事務所で仕事をしている人と比較すると動き回る量が数倍は多いです。
患者をストレッチャーとか車椅子を使って運んだり、ナースコールで呼ばれると、すばやく病室に駆けつけたりするためだと思います。
看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。
ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、という単純な業務とは言えませんから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。
ところで、更なるスキル向上を狙って別の仕事先を探す人も一定数います。
様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、大変に積極的な仕事の選び方です。
少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。
看護師らの労働環境はあまり良くはなく、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。
たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、多くは訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてさらに看護師の需要は高まっており、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。

看護師求人じっくり選ぶなら?【失敗しない転職先探しのコツ解説】