ショッピンングリボ払いのおまとめローンの悪い審査を調べてみた

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので返済日や残高の管理がしやすくなります。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、借入件数が多いほど審査は不利になります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんしわざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なので前向きに検討することをおすすめします。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは利用者に有利なことが第一条件で貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

引用:ショッピングリボ払いおまとめローンは?審査通る?【アコムNG?】

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンの審査に落ちたという人はその原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

おまとめローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。